オルタナティブビレッジ 概要 オルタナティブビレッジ 問い合わせ
オルタナティブビレッジ オルタナティブ オルタナティブビジョン オルタナティブコミュニティ オルタナティブプロジェクト オルタナティブビレッジ 参加
 HOME > コミュニティ拠点 > ムラノマ 

現在は、「さとのわine」にカタチを変えて活動しています。









自然栽培とは、農薬や有機・化学肥料を使用しないで、太陽、水、土の力、稲がもつ本来の生命力などを活かし、自然に寄り添い、自然と共生する栽培方法です。




水の入れ方、苗の育て方、土の作り方、暦などを参考に栽培 のタイミングをうまく調整すれば、農薬を使わなくても草は生えず、稲を立派に育てることもできます。
このノウハウを農家さんから伝えてもらいながら、 環境にやさしい農業をみんなで学んでいきます。また、農家さんが作る自然栽培のお米、味噌、米粉なども希望者には特別価格で販売しています。

・無農薬、無肥料による自然栽培とは
・肥料なしでは作物は育たない?
・「有機栽培」と「自然栽培」の違い
・農業近代化の意味と近代農業の危機
・職業としての農業は成り立つのか?
・食べ物と健康、薬や医者に頼らない生き方
・農薬や除草剤なしで病気や草に負けない?
・菌からの麹、味噌づくり
・次世代へつなぐ種 〜自家採種による稲作〜
・生き方としての農業 〜豊かさとは何か〜

*農業初心者でも、気軽にお申込みください。
+田んぼでの実習作業(圃場見学、生き物観察、田植え作業など)がメインになります。


3期からムラノマ近くの菜園で、チームを作りメンバーで学びあいながら野菜作りをしていきます。作物に合わせて、自然栽培や有機栽培で作り、自家採種にもトライしていきます。畑をチームでシェアすることで、水やりや草引きなどの作業も分担し、無理ないカタチで実践していく予定です。

「野菜講座のプログラム」
○第1回目(2016年4月9日)
・種の種類(F1と在来種)
・土壌について
・慣行栽培、有機栽培、自然栽培について
・畑の準備(各グループで畑を耕し畝作り
      おちば堆肥の鋤き込み)
・種まき(苗づくり)
○第2回目(2016年5月14日)
・化成肥料と有機質肥料
・窒素・リン酸・カリウムについて
・農薬、コンパニオンについて
・野菜苗の定植、肥料づくり(ぼかし肥)
○第3回目(2016年6月18日)
夏野菜の管理方法について
・虫の防除方法について
・畑作業
(支柱立て、野菜の手入れ、追肥など)
*7月以降は月1回程度、畑にて指導を受けながら、野菜作りを実践していきます。













このコースでは、食や農、教育、環境、コミュニティ創りなど様々なテーマを扱いながら、メンバー同志でオルタナティブ(新たな選択肢)な暮らしのカタチを考え、実践していけるよう皆で共に学び、育んでいきます。
田んぼしてみたい!という方には、田んぼの紹介も検討させてもらいます。

○オルタナティブデザイン(予定)
・持続可能なコミュニティ創りとは
・自給スタイル&自然栽培でのお米作り
・世界のエコビレッジ紹介
・コミュニティ拠点の創り方
・まちとむらをつなげるコーディネートとは
・マルシェやアンテナショップについて
・自給自足、地産地消について
・シェアの可能性
(シェア田んぼ&菜園、シェアハウスなど)
・地域通貨、コミュニティ通貨とは
・オルタナティブ教育とは
・衣育・食育・住育、環境教育について

○2期の活動例
・農産物の栽培
 金ゴマ、枝豆・大豆、小豆、白菜など
・タンポポコーヒー作り、ヨモギ餅
・豆乳、豆腐、お揚げ作り
・お米作りからの麹作り&手前味噌作り
・油絞り体験、ピザ作り、薪ストーブ
・タケノコ堀、生け花教室
・新米の食べ比べ、夜鍋パーティー
・お日待ち講、餅つき、とんど焼き
・能登へ塩作り合宿 などなど











神戸新聞 2016年3月
*自給スタイルの田んぼシュミレーション
一般的に田んぼは難しいイメージがあると思いますが、苗作りや田植え、草の抑え方、稲刈りなどのポイントさえ押さえれば、手作業で楽しみながらお米を自給することも十分可能です。

さらに、自然栽培でお米を作ることで、農薬や肥料代、種代などの経費も削減でき、機械もシェアすれば初期費用もほとんどかかりません。

さらにさらに、自然や生命、土とふれあうことで、より実践的な食育や環境教育を自然に体験することもでき、自然にも身体にもやさしいお米を手に入れることもできます。
ムラノマ・プロジェクトでは、希望者に自給スタイルのお米作りの支援も行っています。


この田んぼで約250u
約100キロのお米ができます
これで約2人が食べる1年分のお米に

友人等も呼んで10人ほどで作業すれば
田植えや稲刈りは2〜3時間
あとは、多少の水の管理や草刈りなど
期間も4月〜10月までの半年間のみ


○講師紹介
オルタナティブデザイン担当:山口 寛人 神戸市在住
 コーディネーター、稲作自給型農家、産業カウンセラーなど
 NPO法人オルタナティブビレッジ 代表理事
 NPO法人食と農の研究所 事務局長
海外の先進的なコミュニティ創りを実際に見て感じたことは、生活に根付いた活動を様々な人達がリンクしながら楽しそうに、カッコよく実践している姿でした。日本では様々なイベントはありますが、一過性で終わりがちな面もあるため、少しでも生活に根付いた活動をするため、このムラノマをスタート。日々の暮らしを少しでも変えたい人、人生を自由にデザインしていきたい人はぜひご参加ください♪


○過去の活動紹介

竹に日本酒を入れて♪

タンポポコーヒーに挑戦!


タケノコ堀り


竹ごはん☆


労働の喜び


ムラノマ先生(紙芝居編)


能登合宿(砂浜ロード)


塩作り体験


乾田苗代でお米作り


稲の花


自然栽培の苗は根が多い


海塩から手作り塩にも成功!


カフェ「chawan」結成


生き物観察


カエルをつかまえた!


サツマイモ掘り


夜鍋のシメは雑炊♪


稲刈り☆


お餅つき


麹作り


豆腐作りにチャレンジ!


豆乳とオカラ


今年は10キロの味噌作り



HOME | 団体概要 | お問い合せ | コミュニティ拠点 | 参画する | プロジェクト| サイトマップ


(c) Copyright NonProfit Organization Aiternative Village 2015 All Rights Reserved.