オルタナティブビレッジ 概要 オルタナティブビレッジ 問い合わせ
オルタナティブビレッジ オルタナティブ オルタナティブビジョン オルタナティブコミュニティ オルタナティブプロジェクト オルタナティブビレッジ 参加
 HOME > 古民家拠点「サトノマ」> さとのわシリーズ「いのちのわ」



○受講条件
@ 私たちの考える講座の理念やコンセプトに賛同して頂ける方
A 教わる(受け身)のではなく、自ら学ぶという姿勢で参加できる
B ワークショップ形式の座学(月1回程度)&実習(月1回程度)
 及び共同作業や日常管理に自主的に参加できること
 (任意の活動日時は、スタッフ、参加者で相談して決めます)
C 年齢制限はありませんが、講座の内容を理解でき、気力、体力、
 活動時間等について十分に余裕のある方の個人参加を原則
 (夫婦参加は可)とします。
D タバコ由来のタバコモザイクウイルスの植物への感染予防の
 ため、喫煙される方の受講は、ご遠慮いただきます。




○参加費用、プログラム内容
 1区画:10,000円/月 別途保険代
(一度受領した受講費用は、理由のいかんにかかわらず返却できません。)

○プログラム内容(3〜5は希望者で、自主的に活動予定)
 1.月1回程度の座学&実習(毎月第1金曜)
 2.区画菜園で環境にやさしい野菜作り
 3.築100年の古民家で休憩も(毎週金曜 開放)
 4.古民家で里山暮らし体験(竃、ピザ窯、ワラ細工等)
 5.当法人の農作業、ボランティア活動も参加できます

○受講期間
○募集区画:3区画程度(1区画:2畝1.1m×7m=約15.4u)
○受講期間:(春と秋の2期、各7カ月間)
春コース(2017年2月〜8月) 募集中!
秋コース(2017年8月〜2018年2月) 2017年7月頃〜募集
・座学&実習は毎月第1金曜日開催 10時〜12時
 (春コース:2/3、3/3、4/7、5/5、6/2、7/7、8/4)
・古民家利用可能日時:期間中の毎週金曜 10時〜16時
・区画菜園は平日、週末、自由に作業可

○施設・資材等について
○栽培作物について
 指定作物と自由作物(スタッフ、参加者と相談の上決定)を栽培
 区画内の収穫野菜は全てお持帰りください
○日常管理(除草、水やり、間引き、虫取りなど)について
 週2〜3回程度必要(各自の判断)です。
 参加者の自主管理が原則、スタッフの管理はありません。
○農業資材について
 耕作農具、指定作物の支柱、肥料、堆肥等、主たる農業資材は、
 主催者が準備。また、受講者が講座の中で共同制作するものが
 あります。(動力のある機械耕作は原則禁止)
○個人使用の長靴、手袋、収穫ハサミ、鎌、収穫袋等は個人で準備
 してください。
○指定作物の苗、種は、主催者準備。自由作物の苗、種は個人準備   (事前相談必要)
○肥料、堆肥などは、主催者が準備
○農業資材の無断持ち込みは原則禁止
 (特に、農薬、化成肥料、生物資材厳禁)とします。

○スタッフ紹介
○谷口 育史
・インストラクター
・教育学修士
・兵庫楽農生活センター
 一期有機農業コース修了
○柯 昭仁
・医学博士
・百姓見習い
・里山体験、古民家管理
○山口 寛人
・NPO法人オルタナティブ
 ビレッジ
代表理事
・広報、雑用、講座補佐

年間スケジュール案

春コース 農作業 栽培野菜 ワークショップ 資材作り 里山体験(例)
2月 有機栽培準備
理論・計画
ボカシ作り
オリエンテーション
竹竿作り
カマドご飯
3月  畝作り
種蒔き・苗作り
ナス・ピーマン・キュウリ
トマト・大豆・ネギ
有機栽培と環境(1) ハウス作り ピザ窯
4月  種蒔き・定植
栽培管理
(マルチ・支柱)
有機栽培と人間(1) たい肥作り 野草採り
タケノコ
5月 種まき・定植
栽培管理(除草)
有機野菜研究(1) 虫よけスプレー
作り
6月 栽培管理
収穫
有機野菜研究(2) 田植え
7月 栽培管理
収穫
有機野菜研究(3) 支柱工作 干し野菜
8月 栽培管理
収穫、片付け
菜園返還
ニンジン・レタス
タマネギなど
実践報告
研究発表会
流しそうめん

秋コース 農作業 栽培野菜 ワークショップ 資材作り 里山体験(例)
8月 有機栽培準備
理論・計画
ボカシ作り
オリエンテーション

流しそうめん
9月  畝作り
種蒔き・苗作り
有機栽培と環境(1) 柿渋作り
10月  種蒔き・定植
栽培管理
(マルチ・支柱)
シュンギク・コマツナ
ダイコン・カブなど
有機栽培と人間(1) 染め体験
漬物作り
11月 種まき・定植
栽培管理(除草)
有機野菜研究(1) 稲刈り
12月 栽培管理
収穫
有機野菜研究(2) ワラ細工
しめ縄作り
1月 栽培管理
収穫
有機野菜研究(3) 竹細工
納豆作り
2月 栽培管理
収穫、片付け
菜園返還

実践報告
研究発表会
カマドご飯


<お申し込み方法>
@フォームより受講申し込み  Aスタッフの面接を経て、受講決定  B 受講決定後、受講費用を納入



○アクセス
○場所:古民家拠点「サトノマ」
(神戸市北区淡河町淡河1448)

お車でお越しの方
 道の駅淡河、淡河郵便局から車で約3分
バスでお越しの方(三宮から約40分)
・三宮〜 淡河本町南
  →神姫ナビ
 バス停「淡河本町南」から徒歩約10分
・伊丹空港 〜 淡河(空港リムジンバス)
 →時刻表



○古民家拠点「サトノマ」他プロジェクト






HOME | 団体概要 | お問い合せ | コミュニティ拠点 | 参画する | プロジェクト| サイトマップ


(c) Copyright NonProfit Organization Aiternative Village 2015 All Rights Reserved.