Small & Sutainable

もう誰かに任せるのではなく

自分達で暮らし(コミュニティ)をつくりませんか?

そのためにできることは?

小さくて、持続可能な

コミュニティをつくること

もし今の暮らしに不満があって

国や社会を変えることが難しいのなら

身の周りの大切なコミュニティを

まずは変えていきませんか?


コミュニティ(暮らし)とは注文住宅です

玄関はこのデザイン、リビングは20畳欲しいなど

コミュニティも自由に決めることができます

「食は国産の安全なものでオーガニック」

「教育は子どもの個性を伸ばすような教育が良い」

「会社のためではなく自分のために生きたい! 」

ところが多くの人は国や企業が決めた箱の中で暮らしているのでストレスを感じています。

暮らしは本来、自由にデザインすることができます

しかし、自分勝手に行動していてはいずれ消滅します

社会のことも考え、持続可能なものにしていく

それを実践するのが、

サステイナブルコミュニティプランナーです。

サスティナブル コミュニティ プランナー

Small & Sustainable Community Plannner

養 成 講 座


SCP養成講座とは、

小さなコミュニティに「 農・育・協 」という3つのエッセンスを加えることで、

持続可能なコミュニティをつくっていけるプランナーを養成するオンライン講座

こんな方にオススメ!

  • 今の暮らしを変えたいけど、方法がわからない
  • 食や農、教育、コミュニティというテーマに関心がある
  • サロンや教室、場作りなど小さなコミュニティを運営している
  • イベントやセミナー企画で、ネタ切れやマンネリを感じている
  • 空き家や自宅を活用した交流の場をつくってみたい

スモールでサスティナブルなコミュニティのメリット

人として成長できる

一人で出来ることなんてたかがしれているし、一人でいても小さな世界に縛られがちです。コミュニティをつくると様々な刺激を受け、人として成長する機会はぐっと増えます。

同じビジョンを持つ仲間ができる

コミュニティが希薄になった現代では意図的にコミュニティをつくる必要がでてきました。その際、同じ方向性をもつ仲間をつくり協力することで豊かな暮らしも築いていけます。

互いのビジネスの相乗効果

信頼のおける小さなコミュニティができれば、互いのサービスや商品を買い合ったり、応援したり、コラボなど、起業や仕事づくりにおいても様々な相乗効果が期待できます。

本来一人一人がもつ才能や個性を発揮していけば、それが自然と社会貢献につながることはよくあることです。そんな環境をつくっていくこともSCPにとっては大切な役割です。

SCPで出来ること

農をすることで持続可能なコミュティに!

SCPでは一部分で良いので「自分たちの食べるものは自分たちでつくる」ことを目標にしています。安全で新鮮なものを食べることで心も体も満たされ、それが豊かなコミュニティづくりにもつながっていきます。農を通じて机上の空論ではない食育や環境教育も自然と行うことができます。

農は暮らしの土台であり、食べることは一生続くので、農をすることで自ずと持続可能な活動になるのです。どんな活動をしていても、どんな団体でも畑や田んぼさえあれば農的な活動は始められます。農家でもある講師が農の始め方をレクチャーしていくのでぜひチャレンジしてみてください。

人が成長できる場をつくる

一人で黙々と農作業していても学べることは沢山ありますが、色んな人が集うコミュニティだからこそ学べることも沢山あります。大人も子どもも共に学び合い、成長し合えるような環境をつくることは持続可能なコミュニティにとって欠かせない要素です。

そのためには、一過性で終わるイベントではなくプロジェクト制にする、農を取り入れる、シェアにする、みんなでシゴトをつくるなどなど、意図的にコミュニティを「育」むための仕掛けが必要になってくるため、SCPで共に学んでいきましょう。

みんなでシゴトとお金をつくる

食べ物もエネルギーも自給自足して、地域通貨を発行したとしても残念ながら多少のお金はないと現代では不便なことがあります。世界には起業が次々と生まれるコミュニティもありますが、シゴトやお金も仲間と共につくりだすことができます。

一人で抱え込むよりシェアすることで支出や負担を減らすこともできます。スモールなコミュニティではその中でお金を循環させることもできます。日本には「結」という協同作業が昔からありましたが、これからは現代版の「結」をつくることが持続可能性にとっても有効なツールとなってきます。

プログラム内容

10年以上持続可能なコミュニティをつくるため

様々な試行錯誤をしてきた中で最終的に残った

超重要な3つのエッセンスを学んでいきます。

農:3講座、育:3講座、協:3講座

オリエンテーション1講座 全10講座

「農」

Organic Agri-culture

環境保全型の農を実践する

  • 農ある暮らしの提案
    • 環境保全型農業について
    • 食の安全、自給自足について
  • 農の始め方マニュアル
    • 菜園(野菜)&田んぼ(米)
    • 地域との関わり方など
  • 農でつくるコミュニティ事例
    • シェア田んぼ&菜園など

育」

Alternative Education

オルタナティブな教育活動

  • 自然や農を活用した教育
    • 里育プログラムとは
    • エディブルガーデンなど
  • オルタナティブな教育を実践する
    • 中途半端な学歴より生きる力を
    • 大人と子どもが学び合う環境づくり
  • 育でつくるコミュニティ事例
    • プロジェクト制で学ぶなど

「協

cooperation

協力しあえる仲間作り

  • スモールコミュニティのつくり方
    • 社会起業や地域通貨について
    • 空き家を活用した拠点づくりなど
  • 協同組合方式について
    • 現代版の「結」やcoopをつくる
  • 海外の先進的コミュニティ紹介
    • 韓国の起業が生まれるコミュニティ
    • イタリアの地球最先端コミュニティ

受講者の声

Tさん(30代女性)

自分に何ができるかはわかりませんでしたが、コミュニティをつくりたいという想いから受講しました。今は田んぼを借りて農も実践しながらそこに集う人たちでコミュニティをつくっていく予定です。

Mさん(40代女性)

今までコミュニティといっても漠然としたイメージしかありませんでしたが、SCPを受講して自分なりのコミュニティというものが見えてきました。今後は実家の空き家を活用してカフェなどオープン予定です♪

Kさん(50代男性)

今の食に危機感を感じ、農に関心がありましたが、何から始めてよいかわからずSCPを受講しました。食と教育も密接につながっているということを知り、すぐにでも行動したくなりました(笑)

Tさん(40代女性)

お母さん達が集う勉強会を運営していますが、子どもたちに農業体験をさせてやりたかったのでSCPを受講。週1回程度ですが畑をするようになり、その度メンバーと顔を合わせることになったのでより絆は深まったように感じています。

Mさん(30代女性)

森のようちえんを仲間と運営していて食育や環境教育もやりたい!と思ってたので受講させてもらいました。安全な食べものを自分で作るという尊い活動もできるようになり、こどもたちも喜んで収穫作業を手伝ってくれてます。

Kさん(60代男性)

農業だけでも、教育だけでも、協同だけでもダメでそれらを融合させることで持続可能なコミュニティにつながるということにすごく納得がいきました。今からでも何が自分にできるのか、考えるきっかけになりました。

卒業生の取組み紹介

発酵仲間でシゴトづくり

発酵好きが集まり、3人でコミュニティを結成。3人の特技を活かしてグラノーラなどの商品開発を行い、今はスーパーなどでも販売しています。⇒ HP

移住してコミュニティづくり

与論島に移住して「シマノマ」コミュニティを立ち上げ、与論ツアーを実施したり、本土と島の特産品を物々交換など内と外で交流を生み出しています。 ⇒ HP

自分の特技を活かす

写真家のメンバーが子どもの社会教育も兼ねて「こども編集部」を立ち上げ、地元のバス会社とコラボ。当法人のオルタナティブスクールともコラボさせてもらいました。⇒ HP

コーヒーで仲間づくり

脱サラしたメンバーが米や野菜など農的生活をしながらコーヒーやチョコ作り、醤油講座など多岐な講座を通じて同じ価値観も持つ仲間とつながりを構築中。 ⇒ HP

アロマと農のコラボ

アロマをより身近に取り入れてもらうため活動していたメンバーが農や教育にも目覚め、ハーブ園の運営も始める。自分で栽培したハーブも使うように。 ⇒ HP

空き家活用した居場所作り

色んな人が菜園や田舎暮らしを通じて交流できるような場作りをするため、空き家を購入してリフォームしながら持続可能なコミュニティづくりを実践中。⇒ HP

SCPへの道のり

SCP養成講座で3つのエッセンスを学ぶ
全10講座を電子テキスト(約150ページ)と解説動画で学んでいきます。
毎週1講座をメールでお届け
毎週1回のペースで、メールにて1講座分のテキストと動画のURLをお送りします。(1week×10回=約70日間)
レポートの提出(任意)
講座で学んだあとはアウトプットも兼ねてレポートや質問を提出(講師による返答あり)
講座の最後にどんなコミュニティをつくりたいのかプラン作成
いざ行動に起こすため、プランやビジョンをここで具体的に考えてみましょう。
修了証をお渡し(希望者のみ、有料)
レポートとプランを提出して頂いた方には修了証を発行いたします(手数料・送料込で2,000円)
スモール&サスティナブルなコミュニティづくりをスタート!
実際にコミュニティをつくっていくため、3つのエッセンス「農・育・協」を実践していってください。希望者にはオプションで個別サポートもさせてもらいます。
コミュニティのネットワーク化
将来的には全国に散らばっているSCPメンバーがつながっていくことでネットワーク化し、互いがもつ資源や知恵の交換、コミュニティ間の交流も促進していきます。

参加費

33,000円

(税込、一括払いの場合)

10回分の電子テキスト(PDF)、動画解説、サポート付

分割はご連絡ください。3,500円×10回

支払方法は銀行振込、クレジットカード

サポート

  • 365日間の長期サポート(お申込み日から1年間は講座に対する質問やレポート提出に対してお応えします)
  • 1回目の講座をお送りした後、1週間以内なら返金OK(1回目の講座でSCPの概要を説明させてもらいます)
  • 実際にコミュニティを立ち上げる際はオプションになりますが、zoomによる30分間コンサル&メール相談5回分で個別にサポートします(+1万円)

講師プロフィール

山口寛人 Hiroto Yamaguchi

社会活動家 自然栽培稲糀農家 産業カウンセラー

社会で起こっているすべての課題や問題の根元を自分なりに探っていくと暮らしの最小単位「コミュニティ」に辿り着きました。国や社会、学校や会社を変えることは難しくても身近なコミュニティならすぐにでも変えることができる!すでに海外の先進的なコミュニティでは市民が立ち上がり、シゴトや学校、税金システム、地域通貨など自分たちでつくっていくサスティナブルな暮らしを実現していました。

日本でも持続可能なコミュニティづくりをするため、暮らしの土台となる「農」から始め、教育活動や空き家を改修して拠点づくりなど10年以上活動してきました。こんな時代だからこそ一人一人が自ら考え、行動することが求められます。しかし、一人では心細い・・そんな時にスモールなコミュニティはつくりやすく、機動力もあります。気づいた人からぜひ1歩を踏み出し、次世代に残していけるような暮らしを共に実現していきましょう。

[ 著書 ]
オルタナティブジンセイ


お申し込み

10年間のノウハウを70日で学べる講座!

スモールでサスティナブルなコミュニティをつくっていくのに強力なツールとなる「農:育:協」の概念や始め方、10年以上活動してきた実例などをギュっと全10講座(約150ページ)にまとめてテキストにしました。テキストには載せられない細かな話や裏話などは動画解説という形で補填しています。

※テキストは電子テキスト(PDF)になります。解説動画はURLをお伝えします。